エクオールとはどんなもの?更年期障害への効果とは

エクオール

エクオールとは大豆イソフラボンの一種であるダイゼインが腸内細菌の力によって
変換されてできた成分です。

 

更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンが減少したことで起きるものです。
体内でエストロゲンと同様に働くイソフラボンを摂取することで様々な症状の
軽減効果があると言われてきました。

 

しかしイソフラボンを摂取しても効果がある人とない人がいることがわかってきました。
実際にはイソフラボンの中のダイゼインから生成されたエクオールが女性の体内でエストロゲンと同様の働きをします。

 

エクオールには更年期障害の改善効果があります。

エクオールは女性ホルモンと同様の働きをする

エクオール

エクオールを生成することができる腸内細菌を持っている人は限られています。

 

体内でエクオールを生成することができる人たちは更年期障害の症状自体が軽かったり、
症状が全く現れないということがわかっています。

 

エクオールはエストロゲンの100分の1〜1000分の1の活性しかないものです。
ですがエストロゲンが不足した時にはエストロゲン同様の働きをします。

 

逆に過剰になった時にはエストロゲンよりも優しい作用で不快な症状を軽減してくれると言われています。
エクオールを生成できる腸内細菌は全ての人の腸内にいるわけではありません。

 

日本人女性の場合には約半数しかエクオールを生成することができる腸内細菌を持っていないということがわかっています。
エクオールを生成できない人の場合にはイソフラボンを摂取しても更年期障害の解消効果は見られないようです。

エクオールの成分と効果にはどんなものがあるか

エクオール

大豆イソフラボンにはグリシテイン、ゲニステイン、ダイゼインの3つがあります。
体内に大豆イソフラボンが入ると、ダイゼインを餌として、腸内で乳酸菌がエクオールを作ります。

 

このエクオールは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。
エクオールは様々な効果がありますが、体内で作られる人と作られない人がいます。

 

日本人においては、二人に一人しか腸内でエクオールを生成する乳酸菌を持っていません。
エクオール効果は、更年期障害、生理不順の軽減、美肌、しわが薄くなる、老化防止といったことがあります。

 

エクオールはエストロゲンが多い時は、エストロゲンにエクオールがはまり込み、エストロゲンの作用を弱めます。
一方、エストロゲンが少ない時には、同様にはまり込んで骨や肌の状態を良いものに保ちます。

 

エクオールの一番の特徴はこのようにエストロゲンを調節することです。
更年期障害や月経前症候群、生理不順の原因を取り除き、子宮筋腫や子宮内膜症、乳がんのリスクを軽減することができます。

エクオールが更年期障害をはじめとした女性の症状に働きかける

エクオール

更年期障害の場合、のぼせやほてりを軽くし骨粗しょう症になりにくくします。
生理不順の場合は、ホルモンのバランスを正常に戻すので、解消されていきます。

 

しわが薄くなることに関しては、コラーゲンを生成する元となる細胞を活性化します。
体の中でコラーゲンが作られ、肌の奥深いところから良い状態にしてくれます。

 

エクオール成分を効率よく腸内で変化させるためには
日ごろから生活習慣などを見直しましょう。

 

緑茶を多く飲む、喫煙をしない、野菜を多くとる、肉よりも魚を多く食べるということが大切になります。

エクオールの働きとは?エクオールを増やす方法とそのために必要なこと

エクオール

大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることはよく知られています。
その大豆イソフラボンが身体に取り込まれ腸内でエクオールに変化します。

 

そして女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするのです。
お肌や骨を強化し、血管を守る作用やコレステロールを抑える効果、脳の働きも維持する役割があります。

 

そのため美容と健康に欠かせないものと言えます。
エストロゲンが不足している時は、エクオールが不足を補う形となります。

 

反対にエストロゲンが過剰な場合は、エストロゲンが作用するはずであった受容体の一部にエクオール
入り込むことでマイルドな作用にすると考えられています。

エクオールは大豆製品やサプリメントで摂取できる

エクオール

エクオールは、腸内で作れる人と作れない人がいます。
作れる人の場合、エクオールを増やす方法は、大豆製品を日常的に摂取することが効果的です。

 

納豆なら1パック、豆腐なら半丁程度で大豆イソフラボン30〜50mgが摂取出来、
体内でエクオールが10mg作れる分量になります。

 

ただし、大豆イソフラボンも過剰な摂取はよくありません。
一日の上限は70〜75mgとされています。

 

必要なことは、一度に多量に摂取するのではなく、必要な分量を毎日継続的に摂取していることです。
また、食物繊維を摂取することやストレスに晒されないなど腸内の環境も整えることも必要なことです。

 

エクオールは大豆イソフラボンが腸内で変化するものだからです。
エクオールを腸内で作れない人はサプリメントで補うことも出来ます。

エクオールが含まれたサプリは更年期障害に効果があるか

エクオール

大豆製品に含まれている大豆イソフラボンには3種類の成分があります。

 

このうち、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするエクオールへと変化できるのは、
ダイゼインと呼ばれる成分だけです。

 

エクオールは大豆製品を摂取した人すべてが体内で作れるわけではありません。
腸内環境が悪い場合、作られる可能性は低くなります。

 

エクオールは、エストロゲンと似た働きをします。
月経前症候群やのぼせやほてり、頭痛、不眠といった更年期障害の症状を和らげる効果があります。

エクオールはサプリメントで摂るのが確実

エクオール

男性の場合は、前立腺肥大症や前立腺がんの発症リスクを軽減したり、
薄毛の予防になったりもします。

 

エクオールを効率よくとるには、豆腐や納豆などの大豆製品を毎日継続して
積極的に食べることが大切になります。

 

1日に10mgを目安として摂ると良いでしょう。
エクオール10mgは納豆なら1パック、豆腐では半分になります。

 

味噌や醤油、枝豆も大豆製品です。
一つの大豆製品だけでなく様々な大豆製品を摂取すると良いでしょう。

 

なお、大豆イソフラボンには上限摂取量が決まっています。
1日およそ70mgで、納豆では2パック、豆腐では300gとなっています。

 

更年期障害に良いからといって一度に多く食べるのは控える様にしましょう。
エクオールは腸内環境によって生成されないことがあります。

 

エクオールを効率よく補うことのできるサプリメントを利用するようにしましょう。

エクオールの成分が入ったサプリの気になる副作用とは

エクオール

エクオールは大豆イソフラボンの一つであるダイゼインが腸内の細菌によって代謝されたものです。
エクオールはエストロゲンと似た働きをします。

 

体内のエストロゲンが減少している時は補う働きをします。
美肌や老化防止、更年期障害、月経前症候群、生理不順に効果があります。

 

過剰にある時はエストロゲンの作用を弱めることもできます。
エストロゲンが過剰に分泌されることが要因となっている、子宮内膜症や子宮筋腫、
乳がんなども予防することもできます。

 

エクオール大豆製品を摂取したからといって生成されるわけではありません。
その人の腸内環境に影響されています。

大豆製品を摂取しても効果がない人にはサプリがおすすめ

エクオール

日本人の場合約半分の人は、エクオールを体内で作ることが難しいです。
エクオールの1日の摂取量は、1日10mgが目安です。

 

この量をとるためには、大豆イソフラボンは50mgほど必要で、
納豆であれば1パック、豆腐であれば半分の量になります。

 

この量は体内でエクオールを作ることのできる人の量です。
作ることのできない人の場合、いくら大豆イソフラボンを摂取しても効果が現れないことがあります。

 

また、毎日摂取するのは難しく、大豆イソフラボンの場合1日の上限量も決められています。
過剰摂取が気になることもあるので、サプリメントをうまく活用すると良いでしょう。

 

また、サプリメントは体内でエクオールを生成することができます。
大豆製品を食べてみて効果がない場合はサプリを試してみると良いでしょう。

 

副作用に関しては特にありませんが、サプリメントだけに頼らず、イソフラボンの量を確認することが大切になります。

エクオールサプリの失敗しない選び方

エクオール

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれる成分が変換されたものです。
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持っています。

 

エクオールは腸内細菌によって作られますが、誰にでも作れるわけではありません。
体内で産生できるのは日本人女性では約半分だといわれています。

 

更年期は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。
ホルモンバランスが崩れることで様々な症状が起こります。

 

エクオールには、血のめぐりを良くし自律神経を整える作用があります。
更年期の症状のホットフラッシュに効果的だといわれています。

 

さらに、セロトニンの分泌を促す働きにより、イライラや不安感など、更年期の精神的な症状にも効果が期待されています。
更年期の様々な症状に効果的な、エクオールサプリの選び方にはいくつかのポイントがあります。

エクオールサプリを選ぶ時の注意点とは?

エクオール

天然由来のエクオールが含まれているのかを確認しましょう。
吸収を助けるラクトビオン酸や乳酸菌などが含まれているサプリを選ぶのが理想的です。

 

また、1日の摂取量は1日10mgだといわれています。
含有量を確認することや、品質や安全性も選ぶ時に重要なポイントです。

 

保存料や着色料などの、添加物が含まれていないものが理想的です。
エクオールサプリは、毎日飲み続けることで効果が期待できます。

 

サプリの大きさなどをチェックして、できるだけ飲みやすいものを選ぶことも大切です。
エクオールサプリは、1日数回に分けて、水かぬるま湯で飲むと効果的だといわれています。

「エクオールサプリを徹底比較|更年期のおすすめサプリメントは」関連情報